秋の眩暈




天高し 禁断詩篇をブラウスの内側に抱く秋の眩暈


亡霊の群れがしづかに秋風と手を組みたりし気配さはさは


アトラスの息に吹かれて鰯雲散らばりてゆく秋の夕なり


恋人は熾火色した月の夜に変身を終へわたしをいだく


天の川まさかカロンはゐぬゆゑにまばゆき星を踏みてゆくべし


野分あと掻き集めたる悪の華ボードレールの眼光強き


濃い霧のみづべで垂らす釣り糸は銀の鱗を擦りてゐたり


稻妻にうたれて奇し色硝子 ヨハネの首は皿に置かれる


山科真白 2005.10月


* return to tankapage *

** return to toppage **