----------------------------------------------------------------------------

春に戻り来て


青い目の僧侶が通る大寒の京料亭のまへの盛り塩


手のひらの太陽丘に刻まれる星の形がやけに明るし


月光はしづかに満ちて懐かしきひとの指紋を映しはじめる


壁を這ふ蔦がぐるりと一巡し絡まりてゆく光のうへへ


びいどろをペコンと吹けば笑はれてまた息吹き入れるびいどろのなか


なにひとつ失つてはゐない黄のいろの水仙は咲く同じ処に


早春の真昼にふうはり迷ひこむ紋白蝶の影に触れにき

----------------------------------------------------------------------------

春には翼を


菫とふ名の記憶にふりそそぐ春のひかりは明るくありて


オートバイを駆るために着る黒革の金のチャックに映るさみどり


赤ワインと良く似た色に頬染まり今夜はぽろぽろ嘘がこぼれる


甘噛みのやうな感触、戯れ合へば心の棘がほんのり痛い


あちこちにビー玉ころがる夢にゐて回想あまたキラめいて過去


「サクランボの旬には早いぜ」首のないニケは翼を広げてゐるも


春楡に老いたる足を縛られてゐるのか鳥よ。償ひのため。

----------------------------------------------------------------------------

シャヘラザードのこゑ


たまゆらの虹をくぐりて春風ところがるやうに海の街まで


はぐれたる鴎を迎へにきた鴎並びて春の欄干の上に


かろやかに春を歩くよヒト属の吾らの背なに羽根はなけれど


迸る水のごとくに純白の枝を撓らせ雪柳咲く


ラテアートの桜さざめく温かき光の遊ぶカフェのテラスは


ものがたりを千一夜語らふ麗しきシャヘラザードのこゑの思ほゆ


黄昏の暦(カランドリエ)に刻まれるひと日ひと日に真実のあり

-----------------------------------------------------------------------------
MASHIRO YAMASHINA




* return to tankapage *

** return to toppage **


2013.4.1