バルザックと柑橘と坂道
--------------------------------------------------------------------


朝食みし柑橘の香を指先にぐるりと巻きて昼になりけり


バルザック最初の女(ひと)の死に際の貌を思ひて歩く坂道


二十二三年上女の虜なる青年バルザック愛を乞ひつつ


春近き坂をのぼりてなにゆゑに吾はバルザックなど思ひだすのか


柑橘のかをりを指に纏はせてまた新たなる柑橘を買ふ


下り坂ふたたび思ふバルザックの恋物語の序章あたりを


青年の愛とは母性を纏ふのか 酸ゆき果実を胸に抱きて


よく通る坂道なれど坂道の終はりは知らぬままに下りぬ

--------------------------------------------------------------------
MASHIRO YAMASHINA

2005.3.27


* return to tankapage *

** return to toppage **