CARAVAGGIO WO AISHITE


----------------------------------------------------------------------------


夢ならば百合の花粉に噎せ返る鳥も一夜の淡き幻


カラヴァッジョ、この人殺しの画家を恋ふ我は冬陽のほとりをめぐる


黒髪の娼婦をモデルに描きたる聖母はぬくき白さを持ちぬ


虫喰ひの林檎の小さな暗闇に腐蝕はじわりと侵蝕したり


鮮やかなヒエロニムスの纏ひたる赤きマントを見しや寒月


ダ、ダ、ダンと胸撃ち抜かれることもなく野垂れ死んだとふ画家の指さき


四百年前に死にたる人と逢ふ 我が胸びれの撫でる水底


やはらかく髪をほどいて確かむる肩甲骨は翼のかたち

-----------------------------------------------------------------------------
MASHIRO YAMASHINA




* return to tankapage *

** return to toppage **


2002.1.11