ダリの刻
■--------------------------------------------------------



記憶の固執  (やわらかい時計)
Salvador Dali 1931

--------------------------------------------------------■




一日に二度だけ正しい時を指すすなはち止まつた時計がひとつ


ダリの刻 だらりと枝に掛けられて乾かしてゐるわたしの時計


銀色の鎖が手首に遊ぶから愛してしまふかの腕時計


その刹那刻まれてゆく言葉もて汝がオベリスク空に近づく


気に入りの皇帝が棲むローマ史の猛き気流を呑みこんでゐる


美しく冬のあとがきなぞるごと梅はるるると咲き初めにけり


友の背に溶けてゆく陽の明るくて春はまうすぐ下りてくるらし



春うらら骨董市にまゐります みなと神戸の埋め立ての島


銀食器懐中時計蓄音機ビスクドールの玻璃の碧眼


死体めく人形ひとり横たへて骨董店主の斑なる髭


とにかくも見事な大砲何処からか地を撃つ音が低く聴こえて


大正の氷コップに触れたらむ 異国の人とわたくしの指


真つ黒い鎖されし時を閉ぢ込めた重き錠前十三個あり


ヘッセの蝶 八雲の黄蝶遊びたる春の野原に我はいきたし




詠 山科真白


* return to tankapage *

** return to toppage **

2002.April