♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪





左手が右手を恋ひて融けてゆくエリック・サティをなぞる春の日


静やかな裸の朝でゐるためにグノシエンヌの二番を弾きぬ


コクトーのカリカチュアにミニバラを一束添えて眺めるサティ


ヴァラトンはわたしも好きよ、奔放で。あなたのやうには愛せないけど


「白」というルビを振りたき旋律のサティーの指の夢のあとさき


どこからか一角獣が駆けてきて消えて行つたよ!! ピカデリー聴く


サティへのオマージュとして真つ白き椅子を一脚買ひにゆくなり






詠 山科真白  2001.3.8(THU)


* return to tankapage *

** return to toppage **