フォルテに向かふ



首すぢにびゆんと木枯吹き荒れて白きマフラー空に飛びたり



躓いた石はいらぬか今は亡きシュヴァルの作る宮殿思ふ



やすやすと睡蓮鉢のみづこほりなぜかメダカはこほらぬ不思議



絹さやのすぢをとりつつ観てをりし春の映画に泣かされてゐる



初夢を語り合ひたる人のゐてゑみこぼれゆく夢のつづきに



硝子戸の結露を拭ふ早朝にちひさく歌ふLa vie en rose



服を着て歩道を歩くプードルに道を譲りし晴れた冬なり



冬の椅子たれも座りてゐぬゆゑに木にしんしんと月光が降る







袋から紅き林檎がころがりて冬の車は果実の匂ひ



封蝋の手触りに似ていびつなる釦がボアに身をひそめたり



水仙を活けつつ聴きし少年の奏でるショパン、フォルテに向かふ



バルザックの殺めた架空のをとこたち何処に集ふや冬の夜更けに



スクリーンから俳優出でて恋をするカイロの薔薇とはいかなる薔薇ぞ



ひたすらに「ネックは左」を守りつつワルツレッスン終へて日曜



しなやかな金目の猫を従へてOn va acheter du poisson.魚を買ひ行く



冷たさがさらさら流れ着きてゐる二月の岸に白鷺の見ゆる





(C)YAMASHINA MASHIRO

2007.3月


* return to tankapage *

** return to toppage **