冬 の 音 階
--------------------------------------------------------------------



口唇を噛むとふ失態生温き血がたまりゆく器なる口


  凛と立つ花瓶のなかの白百合に支配されゆく嗅覚視覚


四辻をぷいと曲がつてそれつきりやぶれかぶれの冬のてふてふ


くちなはは眠りてゐたりをととひもきのふもけふも同じ夢見し


あなにやし光と歌に抱かれてドイツの町のクリスマス市


魔女としてをんなを炙った町々になべて聖夜が訪れてゐる


雪の香を知らざる月に届けたきパウダースノーとクリストキント


聖痕は見つからぬゆゑ口唇の傷に桜が闌けてゆきたり


--------------------------------------------------------------------
MASHIRO YAMASHINA  2008年短歌人2月号 巻頭作品「二月の扉」

2008.1.28


* return to tankapage *

** return to toppage **