---------------------------------
He may be my God.
---------------------------------






銀色の脚をしまひてゐるといふ蛇の目覚めに逆らひがたし



吾の糸を紡錘(つむ)に結びてまはしたる汝が指長き秋のゆふぐれ



業平の狩りたる鷹のはらはらと羽根の散りゆく夢にさやりて



美しき音を集めた小袋をそつと夜明けの枕辺に置く



千年も降り積もりたる雪のうへ不意に椿が赤を散らしぬ



新しき神との出逢ひは危険だとラーゲルクヴィスト告げて去りたり



抗へぬはげしき風に帆をたたみ汝が知の滝に打たるるばかり



ひそやかな読書会にて創られるワガトモタチノ奇しき小説






* return to tankapage *

** return to toppage **



2009年12月号