イモルテル(immortel)







廃墟にて少女の老いは気づかれず古木の下に釣瓶火燃ゆる


名も知らぬ老いた天使が落ちてくるG.ガルシア=マルケス空の灰色


革命の滅びの音を聞きつけて麦畑より鴉飛び立つ


パタパタとポーのポエムに入り来て鴉は韻につばさを挟む


マリアとふビスクドールを横たへてその碧眼を閉ぢむとするも


ぜんまいを巻けば命の蘇る振り子時計のゆふぐれの刻


Ieri, Oggi, Domani(昨日・今日・明日)と続く海原に彗星は尾を捨ててゆきたり





* return to tankapage *

** return to toppage **





短歌人2009年1月号  山科 真白 * background:NeckDoll *