かきつはた否かきつばた(初句を折句)







かきつばた清らにひらく憶にージン諸島の陽は照る



  をみなへし三十一文字の歌を愛したる集家ゐて


サクラサククラキハルコソンマンノクラヨサクラヲンノソラニ


蘇る妙計秘策を伝に談俗語の述見るなり


涙果つ汀の鳥は流をれ希望とれだちて飛ぶ


草萌ゆるさはさは風は葱色ふぐれまへの璃紺のてふ


なゐの神井戸より出でるを思ふ 馬に絵師が来を描く






* return to tankapage *

** return to toppage **


2011年 短歌人7月号 山科真白
Picture by : Toni Frissell