神のペン胼胝
筋書きのとほりに悲劇へすすみゆくオペラは愛しと月に告ぐべし
月出でる頃に群れたる椋鳥のこゑの真下を歩いてをりぬ
いつせいに落ちてしまつた銀杏の実が満たしゆく匂ひと匂ひ
アブサンは翡翠の色に似てゐしと夜のおぼろにヴェルレーヌ佇つ
動かざる石に積もりし落葉を秋の夜風が剥がしてゆくよ
ぽつねんと金貨のやうな月浮きて盗つ人どもが動きはじめる
深まりの極みののちに滅ぶ秋ドラマツルギー神のペン胼胝


(c)Mashiro Yamashina   Photograph ekakinoki

* return to tankapage *

** return to toppage **