曖昧を裂けたからだに擦り込んでバーバリーのコート遠ざかつていく

悪意なき金目銀目の気まぐれに笑顔咲かせて騙されてあげる

自転車を漕ぐ君の背にこつと触れた青き乳房を抱いて眠らん

いちめんに死人の血花咲いている白衣ゆるりと脱ぎし暁

道化師がくれた風船握りしめただやーんやーん夕暮れを泣く

満月のをとことをんなはぶだう酒とたわわの嘘を持ち寄りてをり

黒暗に月したたりしこんな夜はルオーの眼になり陰湿を見る

包みこむ君の掌からこぼれくる見えぬ光を盲信してをり

すつと立つ硝子のやうな少年が見上げる先の慟哭の空

ひとり夜は乳房の奥にしまひをりおしやべり子猫を始動してみん

喉元のガラスの玉を震はせて隠した棘を守り抜く彼

闇夜にて緩慢に動く黒猫がキャオンと鳴いてまぎれゆくべし

まつすぐな悲哀の背中描いてるジャンセンの絵は森の中にあり

飴色のコンソメスープに溶けてゐるまろやかな嘘をペロと舐めてをり



(c) 山科真白  (Mashiro Yamashina)



* return to tankapage *

** return to toppage **