心にも火を持つことを与へしや プロメテウスの赫きトーチは





夏の日にまつすぐに立つ向日葵が黒焦げになる白昼夢(ゆめ)をみてゐる

透きとほる焼売並べ差し向うチャイニーズキャフェの午後の憂鬱

刑場に引き立てられる獣らのレッグチェーンの冥き擦り音

少しだけ離れてみてもいいじやないカサブランカの花粉は濃ゆし

樹の下の空蝉指でなぞりつつ君は今頃どこにゐるのか

からつぽをヴィトンに詰めて三日だけ旅に出たいと思ふ日ありて

緞通の手触りに似た苔庭に文月の風は通り過ぎたり

高速のサービスエリアのグレ電でインターネットする我の横顔

わたくしを描いてみたいといふ人の指に遊べる六法全書

はつなつの雑踏深くまぎれゆく見覚えのあるキャミの肩ひも

乱暴にほどかれてゆく紫陽花の萼と花瓣をピンで挿むる




(c) 山科真白  (Mashiro Yamashina)



* return to tankapage *

** return to toppage **