あやとりの糸のほどけて夕空の飛行機雲も消えてゆくころ


物言はぬ薔薇を育ててゐる快楽 夏には夏の害虫がくる


  熱帯夜、そよとも揺れぬ風鈴が梵鐘のごとき影を曳くなり


シャカシャカと氷を削る手の清し 天神祭の龍笛離る


履き馴れぬ下駄の鼻緒に迫りきた鼠花火の高速回転


丑の日に食ふてしまへり源内の稀少ウナギが命乞ひして


土熱れ骨の腐るを思ふとき水蜜桃のうぶ毛の白し


お待たせしましたと喋るエレベーターの四角い口に足挿し入れぬ


縄文の深鉢土器に鎌首をもたげてヘビは豊穣を乞ふ


日に灼かれ水に溺れてひと夏を越えた小石を持ち帰りけり


歯を磨くやうに貝殻虫のつく薔薇の小枝にブラシをかける


削り氷を崩すがごとく氷山が消え失せてゆくうつつ、未来も


猛烈に明るきニュースが流れきて東京オリンピック七年後


人並みに二千二十年に思ひ馳せ始発列車に揺られゐる朝




-----------------------------------------------------------------------------
MASHIRO YAMASHINA




* return to tankapage *

** return to toppage **


2013.4.1