鏡像







隠れ家に禁書を抱きて眠りたるふたりの夢のいづれぞ美しき

ひそひそと人形奇譚を語りつぐこゑのかたへに狐火燃ゆる

「神」と書く「紙」をうばはむさはさはと「髪」切虫の長き触角

秋晴れの空を突つ切る鳥追ひてアクセルを踏む高速道路(Hといふをんな)

肉体を苛め抜きたるレッスンを終へてバレエのシューズを脱ぎぬ(Mといふをんな)

脚韻を踏みて秋立つゆふぐれは小鳥のごとく歌を交はさむ

あるときはパルチザンのごと闘ひてふりまはしゆく剣きらきら

ゆふやけに預けてゐたるほほゑみをくれなゐいろの君に溶かして






* return to tankapage *

** return to toppage **


2009年 短歌人10月号 山科真白
Picture by Gustav Klimt:Allegory of Junius