檸檬八様





喉元に酸ゆき果実をぶらさげてアルチンボルドの冬の横顔


テーブルの檸檬転がる先に待つテロルの気配 不意にやみたり


ざつくりと八分割にされてなほ艶やかなれる檸檬を愛す


乳房にはたとへられなき檸檬ゆゑかたさきはまり果てむとするも


音階をくだりて響くチェロの音を檸檬浮かせる湯船で聴きぬ


朽ちてゆくことさへ知らぬ節くれた拳のやうな檸檬がひとつ


戦争に檸檬は似合はぬ 絡み合ふ枝のあはひを凩がゆく


狼のやうな犬歯を突き立てる冬の檸檬に苦さ残れり




山科真白 2008年


* return to tankapage *

** return to toppage **