短歌人水無月集出詠




マネのくちびるゴヤの耳たぶ



平日の美術館にて見つけたるマネのくちびるゴヤの耳たぶ


静物という名を持つた画のなかで果物たちは朽ち萎えてゐる


転がりし木の実の横に描かるる栗鼠の死骸に巣箱はあらず


腰掛ける切り株に似たカンヴァスに油絵の具のゆりは咲きをり


碧眼の老紳士と並び観るレンブラントのラクレティアの自刃


仄暗く浮かび出たる階段を登れば闇は終はるとおもふ


気がつけばコローの村を彷徨ひて春の日向の迷ひ子になる


草萌ゆる水辺にありし思い出は銀のくさりと赤きスカーフ


黙々と羊は草を食みてゐてその子羊を我は食まんと


カチカチと蹄を鳴らし生け贄にされた羊が追ひかけてくる


天仰ぐセバスティアヌスに刺さる矢を腿の下から数へてをりぬ


同じ絵を違ふ角度で観るふたり 対角線にあなたは居たり


模造した修道院の回廊の柱の影を跨ぎて歩む


春の陽がやはらかに降る水際にまぼろしの毬ころがりて来る








詠 山科真白 2001.4.7(SAT)




* return to tankapage *

** return to toppage **