永遠に横たはる。そして、(松井冬子の日本画を観て)






ことさらに類ひ稀なる美貌画家松井冬子の描く臓物


はらわたをショールのやうに纏ひつつげにさびしげなをんなが匂ふ


剥かれたる鶏を抱へて背の細き幽霊楚々と空(くう)を歩けり


ふり向けば月夜にびらびら花咲きて 心の奥は見せてあげない


しづかなるみづにいのちを溶かしゆくゾウの孤独が吾とつながる


「世界中の子と友達になれる」とふ幻想 風がフワつとめくるスカート


啄ばまれ噛み付かれて逃げてゆく女をひとり傍観しをり


  しあはせは囚はれること縛されて幾重にも巻くその首飾り




* return to tankapage *

** return to toppage **





短歌人2008年7月号  山科 真白 * background:NeckDoll *