デルヴォーの女のごとく立ちつくす無機な裸体を照らす月光

ささやかな毒と名づけし夕暮れの塩水に浮く林檎の欠片

イカ墨のパスタを食みしテーブルに拙き嘘をこぼしたりけり

うなだるる赤薔薇の首剪り落とす刹那に生れし眩暈の闇

人型をとるがごとくになぞりゆく人差し指はチョークのかたち

ディマシオの猿と語らふ人ありて散文劇の幕は開きぬ

踏み切りが開きてそぞろに蘇る過去世の君に刺された記憶

完璧は運命の前に崩されてかのジャッカルも今は悲しき

仮留めのまち針脇に刺したまま奇しき玩具のクマは踊りぬ




詠 山科真白2000.5.28





* return to tankapage *

** return to toppage **