夏の終はり


  ・  




みづいろの玻璃の器に棲む魚は鱗はらはら晩夏に遺す


晩光に葡萄傷みてゆくさまをかたはらに置き夏は終りぬ


虫籠は蝶の骸を閉ぢ込めて濡れてをりたり 雨に打たれて


貝殻の裏の模様を愛すてふ眩暈のやうな逢魔が時に


さういつか、蝶も小鳥も水底に天翔る羽を植ゑにゆくべし


隠れ家のやうな館に行く坂をしづかに上る須磨の海風


ささやきの息がちひさな輪を作り左の耳を結びてゆくも


コスモスの繊きうなじを搖らさむと初秋の風は辻を曲がれり


土壁を白きドレスで撫づるごと掠れたこゑの蟋蟀が鳴く



2004.9.23


* return to tankapage *

** return to toppage **