踊る



 ブルース
パーティはまづブルースで足馴らし。男女がしづかに一組となる

 ルンバ
見つめあふ視線のままで踊りゆく膝やはらかき男のルンバ

 ワルツ
雲上の床を滑れば盛装のワルツの上手き雷神に会ふ

 ジルバ
激しさに応へるジルバ くるくると右に左にまはされながら

 タンゴ
哀音が細く流れて火のごとき君のタンゴに抱かれてゐる

 パソドブレ
吾は今、死にゆくまへの牛となりホールの床に蹄を鳴らす

 スローフォックストロット
美しき風の通ひ路ほほゑみて吾らを森に誘ふこぎつね

 ウィンナーワルツ
華麗なる鹿鳴館にて忘れたる白手袋を拾ふ伯爵




* return to tankapage *

** return to toppage **

山科真白 2010年短歌人3月号