真つ白きうさぎが棲むや逢坂のぽつかりと浮く金の望月

仏像の足に絡まる此の蛇は過去世の使者か 京の夕暮れ

告ぐることなきまま仰ぐ罅多き磔刑像は鈍く光れり

陽に晒す真夏の耳に流れこむフジ子・ヘミングのLA CAMPANELLA

風船が空に溶けゆくその色をビルの硝子に凭れて見をり

約束の広場で待ちぬソロモンの腕に抱かるる夏の残照

おそなつの男の肌は麦の色。クイーン・オブ・シバの香油を焚きて

手に包む君の未来に美しき雨。ヒトゲノムは解読されぬ

いつからかkeywordと呼ばれたる剥き出された言葉の破片

たまゆらの熱い瞳はまう風を追つてゐるのか夏の桟橋

葉肉の厚き熱帯植物の中を歩まぬ ルソーとふたり

近松の脚本に似た筋書きで堕ちゆく女のジバンシーシャドー

まなうらに泳がせてゐる透明な魚の背骨を数へてをりぬ

古の文明巡る旅に出る君を見送る三番ゲート

かの森の光の神と遊びたる妖精たちに逢ひにゆかんと

契約の履行の日まであと二日爆弾を抱く心地の夜半に

仰向けばシーツの上に扇状に広がつてゆく髪を持ちをり




(c) 山科真白  (Mashiro Yamashina)



* return to tankapage *

** return to toppage **