*

*

*

*

*

! !

冬空に湾岸戦争始まりし吾はバラ色の男児産みたり

ひとつとて鋭角のない嬰児を産み落したる真冬の記憶

決闘に勝てる瞳をした少年とるりるりらんと花を買ふ午後

指先に世界をのせてひとつづつ子が覚えゆく国々の首都

君たちのダンボールの隠れ家に黒と茶色の子猫がゐたよ

旧き骨新しき骨 携へて雨の舗道を少年は行く

クリスマス数日前の映画館 小さなサンタをそつと連れゆく

ハリポタと同じ齢の少年と夕餉を食みて共に眠りぬ

我の子は魔法を知らぬ 白球は真直ぐに飛んで落ちてゆくなり

雪の日のブック・オフにて買つてきた『風の又三郎』が捲られてゆく

臍帯で繋がりあつた少年と”へそのない生き物”の宿題をして

ラファエロの天使のごとく頬杖をついて吾が子は空を眺めつ

空は青 太陽は赤 そんなこと決めなくていい君のキャンパス

2002/2/27

* return to tankapage *

** return to toppage **