秋の宵澁澤龍彦晩年の喉に開きし孔を思ひぬ


病院デ幻覚見タル澁澤の霜月なかば闇は行き交ふ


その秋にこゑ失ひし澁澤のこゑがポタポタ溜りゆく夢


幻覚ハ見タルコトナシただ夢は赤い胡桃を転がすやうに


縊れても死ねはしないと澁澤が気管の穴を触はりたるとき


唐突に葡萄食べたしアレキサンドリアなる名の葡萄食べたし


澁澤の言葉の珠を呑み込めば乱れざりたる秋の眠りは


美しき秋のくらがり言の葉は色づきてのち散りてゆくなり







(c) 山科真白  (Mashiro Yamashina) 



* return to tankapage *

** return to toppage **