The signal turned green.
--------------------------------------------------------------------


隠されたジョハリの窓を開け放つ龍田彦の強き双手よ


池月に似たる駿馬に跨りて我は真直ぐに駆けてゆきたし


さはさはと緑の草が靡き合ふ広野を抜けてわたつみの青


白き帆を南に張ればエイハブとモービー・ディックを風は追はむか


昨今は鯨を追はず捕鯨船が追はれつづける世界の海は


シェパードは忠実にして右耳を三角に立て待つてゐるはず


けふは梅、あすは桜が咲く山に奇跡のやうに望月の照る


如月の半ばのさかひ西行の桜の歌が我に散りぼふ


鏡文字で鳥の飛翔を描き遺すダ・ヴィンチ死後の亡骸いづこ


死の模倣繰り返しつつ見る夢に星が出でぬと思ひつつ、朝


石鹸を積雲状に泡立てて儀式のごとく顔を洗へり


つひに春、籠いつぱいの木苺を思へばゆるぶ我が唾液腺


ゆふべより我を笑はす君の書くメールをくるくる巻いてしまへり


桃色を塗つて一分待つたのちグロス重ねる春のルージュは


やはらかき春の光をふんはりとショールに巻いて町へ出でゆく
--------------------------------------------------------------------

MASHIRO YAMASHINA  2011年短歌人5月号 初夏のプロムナード

2011.5.5


* return to tankapage *

** return to toppage **