葬 送

--------------------------------------------------------




まぼろしの青い薔薇とふ嘘うすき紫の薔薇朽ちる水無月



真夜に知る訃報に闇が巻きつきて石より重きしじまを抱けり



出棺の悲しき儀式が終はるまで雨を喪服に吸はせてをりし



線描の魚のやうな人骨を箸渡しつつ壺におさめむ



亡き人は影の遊歩者 陸橋を隔ててそよぐ風にあたりぬ



湯に溶かす日の断章をうつくしき退廃となし夜を終へゆく



角質をドクター・フィッシュに食はせたる形見のごとき肌の白さは



回想の庭に忘れし五線譜を奏でる弦を買ひにゆくなり



* return to tankapage *

** return to toppage **




2006年9月号