≪ジスモンダ≫
Alfons Maria Mucha


時を結ふ糸


 ロベール・ド・モンテスキューの知らざりし世紀を生きよ われもおまへも
--------------------------------------------------------------
 美しき時代は遠き夢の果て コツコツ響く伯爵の杖
--------------------------------------------------------------
 モーヴ色の服を着たまま微睡めばベル・エポックの時が絡まる
--------------------------------------------------------------
 月光を抱きてナタリー・バーネイの恋文を読む夜はふけつつ
--------------------------------------------------------------
 存在が歓喜と人にいはしめし同性愛とは夢のやうなる
--------------------------------------------------------------
 「プルーストは半ば亡霊のやうな奴」とふセリーヌのこゑに笑ひぬ
--------------------------------------------------------------
 透明なピラミッドにひたひたとみづ打ち寄せるうつしよの宵
--------------------------------------------------------------
 流れゆく時を結ふ糸恋ほしむる冬のはじめはしづかなりけり
--------------------------------------------------------------


(c) 山科真白  (Mashiro Yamashina)  2007年 1月1日  短歌人1月号


* return to tankapage *

** return to toppage **