寓意と象徴 (c)Musee Cluny Paris


彼女は片方の腕を一角獣へと傾けて垂らし、一角獣はいそいそと身をもたげ、立ち上がり女の膝に前脚をのせている。
彼女が持っているのは鏡なのだ。
そら、ね。 一角獣に自分の姿を見せてやっているのだよ。
アベローネ、ぼくはきみがいるものと考えている。わかってくれる?アベローネ?
ぜひとも、わかってくれなければね。  ------リルケ 『マルテの手記』文中より-----


 一角獣
処女といふ聖なる膝に凭り掛る一角獣が風を聴きけむ

 死神
肩越しに にゆつと 顔出す死神を背に遊ばせてジゼルを踊る

 メメント・モリ
春空に虚ろな穴を掘り進む メメント・モリと呟きながら

 楽園
楽園に白きスミレは咲き乱れ狂ひ人らが歌ふ讃美歌

 静物
天鵞絨のうへに逆さに置かれたるリュートは堅き静物となる

 
龍彦といふ名のひとよ仏蘭西はけふもマイナス二度であるらし

 果実
甘たるき果実むしやぶり喰ふ春は謀叛を犯す女人になりぬ

 天秤
きぞの夢今宵の夢が天秤にゆらゆら揺れる春でありけり




* return to tankapage *

** return to toppage **

山科真白 2005年短歌人5月号