うを と みづ

--------------------------------------------------------




さかしまに満月を見るうろくづが真水の庭に集ゐるらしも



真夜中の睡蓮鉢から湧き出づる魚族のこゑはみづに沈みて



ありふれしけふは過ぎゆき魚の吐く泡はぷつぷつ消えゆくばかり



光降るみづのおもてに見えざりし黒くちひさな魚眼思ひき



にんげんののみどを通り透明なみづはちやぽちやぽ搖れてをります



和のみづと洋のみづとを飲み干してみづの硬さを確かめてゐる



人類は海に暮らせずただみづに色などつけて売りてをりけり



ヨーロッパ王家の系図を暗記する果たして魚族に王はゐるのか



ゆふぐれの湯浴みのあとのしづけさや 茜の空にひたひたと秋



* return to tankapage *

** return to toppage **



2004.Sep.28