ヨハネの首
. . .
. . .
. . .
. . .
. . .
. . .
. . .
 
   

 


赤白と椿は順に落ちゆきて次はヨハネの首落つる音

吾が髪に人差し指を絡ませて汝が作りたるメビウスの輪

朽ちてゆく向日葵の茎に角度生れ嵐のごときランボーは過ぐ

チュアブルを歯茎の横で遊ばせてただ繰り返すクロスステッチ

飽きもせず作り出しては壊しゆくそんな遊びはやめにしませう

諳んじてゐる恋文をしまひたる貝殻細工のパンドラの箱

午前二時までにあの子を泣かせたら贈呈されるガラスの麒麟

スウェードの靴のあなたが弾きたるコントラバスの硬質の弦




詠 山科真白  2000.spring





* return to tankapage *

** return to toppage **