夢十夜目醒むるなかれ忽ちに百年過ぐと匂ひたる百合


ひそやかに夢を売り買ふ入り口はまづパスワードを入力せよと


吾の夢が録画可能になるといふ凄まじきかな未来に向かふ


通気性特化型マットに横たはり雪原の夢 まどろみのすゑ


経立といふ語がふかく耳底に残れど夢の遠野は淡し


汁椀を開ければ蛇がうごめきぬ身も凍る夢吉夢との由


ぴたぴたと夢遊の足音に酷似する十八階の水漏れ如何に


ストア派を抜けよと駆くる夢原に美しき小鹿が吾を待ちをり






* return to tankapage *

** return to toppage **


2014年 短歌人掲載 山科真白