* 二人言 * chiaki & mashiro

旅:『フランス個人旅行 千秋と真白の二人旅』 (no.29)
Date: 08/07/31 13:56

真白 とっても久々の二人言です。千秋とは何年も毎日のようにネットで話しているから実質上、ずっと二人言してるようなものですが、今回ふたりでフランス旅行したので、それをテーマに二人言(要するには二人会話の公開版?(笑))してみます。
千秋は東京、私は神戸に住んでいます。去年の夏、私が上京した際に、千秋んちに泊めて貰いました。一緒に美術館などに行った時、ヨーロッパ旅行の話になったんだよね。
フランスへってことになったのは、メダイの影響も大きいよね。そして、互いに三度目のパリ。そして、セーブル、ヴェルサイユ(庭園も)、ルーアンと中身の濃い充実した旅になりました。
6月17日、私たちはそれぞれ、成田と関空から飛び立ち、パリ、シャルル・ド・ゴール空港で再会しました。
 2008/07/10(Thu)

千秋フランスへは行ったことはありますが、私はすごく久しぶりだったので、今回の旅行は真白が企画を立てて、私は連れていってもらったような形です。
真白との海外旅行は、はじめてですね。それに2004年の二人言で、いつかパリに一緒に行ければいいね、なんて話をしていたので、願いが叶いましたね。
別々の飛行機で行ったので、心配でしたけど、シャルル・ド・ゴール空港では、すぐに会えました。
 2008/07/11(Fri)

真白ホテルは右岸のオペラ座とサン・ドニ門の中間くらいのGrands Boulvards駅のすぐ近くで、この駅はメトロが二線も乗り入れててとても便利だったよね。
でも二線あるし、なんだかホテル近くの出口がいつも混乱してしまって・・・けど、千秋が方向完璧把握してくれたよね。
あっちでは、ふたりで使うお金の管理も千秋がしてくれて助かりました。
ホテルはパティオに面したお部屋でまぁまぁよかったよね。朝食もやたらとすいていたし。6月というのはバカンス前の暇な時期だものね。でも季節はよくってよかった。薔薇が殆ど終わりかけだったのが残念でしたが・・・
 2008/07/12(Sat)

千秋ホテルは駅から近かったし、まわりにちょっとしたおみやげを買う店やスーパーやクレープ屋などあって、良かったです。
ホテルの朝食はおいしかったですね。クロワッサン、フランスパン、ハム、チーズ、フルーツ、カフェ・オ・レなど気に入りました。
真白が調べてくれたホテルの口コミ情報はとても役に立ちました。おかげでセーフティ・ボックスや冷蔵庫も利用できました。
同じホテルにずっと泊まっていたので、荷造りなどは帰る時までしなくて良かったし、じっくりパリ見学ができたと思います。
 2008/07/13(Sun)

真白クレープ屋は大繁盛してて、私たちも買ってみたんだよね。2つ買ったらすごい大きさと量で食べ切れなかった。なんだか私あのクレープ食べててお好み焼きが食べたくなっちゃった(笑)
ホテルの朝食はクロワッサンがすごくお気に入りで後半はフランスパンもお気に入りだった。日本のパンとどこか違って美味しかった!
ホテルの情報は調べたけど、セーフティ・ボックスも冷蔵庫も千秋が管理してくれておんぶにだっこ状態(笑)
着いて次の日は最初オルセーにモネのルーアンの大聖堂の連作を見に行ったんだよね。
大時計の真後ろのカフェで食事したらこれまた量が多くて食べるのに必死(笑)
 2008/07/13(Sun)

千秋ホテルは冷蔵庫にもカギをかける方式なんだよね。珍しいよね。言わないとカギをくれないみたいで、カギがしまっていて、使えなかったという口コミ情報がありました。
クレープはおいしかったけど、生地が厚くて、お腹がいっぱいになってしまった。
お好み焼きを思い浮かべるのわかるなぁ。クレープに限らず、フランスは食べ物の量が多かったですね。
オルセーのカフェも量が多かったし、フランスでは私たちはフルコースは、食べなかったけど、頼んだとしても食べきれなかったかもしれないね。どこでも量が多かったイメージがあります。
オルセーの後はオランジェリー美術館へ行って、とても良かったです。オルセーでパリ・ミュージアム・パスの4日間券を買って、有効に使いましたね。
 2008/07/15(Tue)

真白食べ物では色々と驚かされたよねー。クレープはバナナとレモンを頼んで、どっちもおいしいけど、もう勘弁してって(笑)
クレープ屋さんの近くでタルトを買ったこともあって、あれは1つしか買わなかったので半分こでちょうどよかった。千秋がコーヒーいれてくれたよね〜
一番凄かったのがルーアンの昼食!千秋の頼んだサラダ、そりゃまぁ、チーズが入ってるってフランス語で書いてあったけれど、そこまでチーズいれへんでもってくらい(笑)私のサーモンサラダも凄かった(笑)思い出したら笑ってしまう。
パリ・ミュージアム・パスは便利だったね。パリに行くたびに買います。美術館好きには必須アイテムだよね。
 2008/07/16(Wed)

千秋ルーアンで食べたチーズのサラダは、おいしかったんだけど、さすがに食べきれなかったなぁ。
ミュージアム・パスは美術館だけでなく、凱旋門やノートルダム寺院の塔などにも使えるので、本当に便利でした。
ヴェルサイユ宮殿も使えるとは、知りませんでした。
ヴェルサイユ宮殿は私ははじめて行きました。
ちょっと修復中でしたけどね。本当に敷地が広いので、びっくりしました。
 2008/07/17(Thu)

真白ヴェルサイユ宮殿は、私は二度目で庭園のほうははじめていきました。まず、パリから安価で完璧な行き方をマスターしたのは嬉しかった。
庭園はプチトランという乗り物があって、離宮まではそれを利用した。それに乗ればそんなに歩かなくてもいいかと思いきや歩いた歩いた!!
プチ・トリアノンが修復中だと聞いていたのに開いていて、慌ててプチトランを飛び降りたのがあかんかった、、、(笑)
 2008/07/17(Thu)

千秋ヴェルサイユ宮殿へはセーヴルからバスで行ったんですよね。
それも地下鉄の券で行けるので、カルネ(回数券)を使って。セーヴル陶器美術館へ行って、その後ヴェルサイユ宮殿に行くというコースは良かったですよね。良いコースを考えてくれてありがとう。
陶器美術館を出たら、その近くのバス停からも乗れるので、駅まで戻らなくてもバスに乗れたし。
ヴェルサイユの印象はきれいだったけど、プチトランに乗ったことや、トイレで並んだことなんかが、意外と覚えてるよね。
この日は金曜日でルーブル美術館が遅くまでやっていたので、ヴェルサイユからパリに戻って、ルーブルまで行ったんだよね。よく考えるとハードだったかな。でも、夜でちょっとすいていたね。
 2008/07/20(Sun)

真白うん。この旅は本当にハードだった。中身がぎゅーぎゅー(笑) でもいっぱいいっぱい思い出できたね。よく歩いたし。
ルーアンの町はとても気に入りました。パリのサン・ラザール駅から列車に乗って行ったんだよねー。ルーアンはジャンヌ・ダルクの処刑された所で、ジャンヌが幽閉された搭やジャンヌの教会もあったね。処刑された場所には真っ赤なゼラニウムが咲いていた。
 2008/07/21(Mon)

千秋ルーアンはとても良かったです。
モネが連作で描いているルーアン大聖堂があるんだけど、とても美しくて、立派な所でした。
ルーアン美術館も、できたら、もう一度行ってみたいと思える美術館でした。
ジャンヌ・ダルクゆかりの場所などもあって、見所が多かったね。
 2008/07/21(Mon)

真白ルーアンは本当によかったよね。大聖堂もすばらしかったし、ルーアン美術館のコレクションにもびっくりしました。あそこでみたカラヴァッジョは忘れないと思う。
千秋との二人旅はすごく楽しい旅でした。思い出もいっぱいいっぱいできたし、楽しい時間をプレゼントしてくれた千秋に感謝です。また、ふたりで旅に出たいと思います。ありがとう!
 2008/07/26(Sat)

千秋本当に真白は勉強熱心で、いろいろ調べてもらって、私はラクに楽しい旅をさせていただきました。
またフランスへも一緒に行きたいし、違う所へも行けたら良いですね。
旅行前もワクワクするものだけど、今回の旅は帰ってきても長く余韻を楽しんでいます。こちらこそ、どうもありがとう。
 2008/07/28(Mon)




Questions by PrettyBook