歌仙入門






百韻で発展を遂げた連句は、
やがて三十六句をつけあわせる歌仙形式がスタンダードになっていきます。
付け合いの手法は時代や流派によって異なり、
初期の貞門流では前句の素材や詞に発想し、縁語、懸詞によって仕立てる物付であり、
談林派の頃になると前句の意味から発想する心付が主となり、
芭蕉にいたっては情趣の感合を旨とする匂付が工夫され高度の進歩を遂げました。

歌仙 『異人坂の巻』 2008年5月25日-12月5日
歌仙 『旅の果ての巻』 2008年1月14日-7月12日
連句 『 蜉蝣 の巻 』 2007年10月25日-12月28日
連句 『 散落葉の巻 』 2007年11月29日-12月16日
連句 『 夏深しの巻 』 2007年8月4日-9月18日
歌仙 『 雛の客の巻 』 2007年3月13日-7月12日
半歌仙 『龍を追ふ風の巻』 2007年1月1日-2月8日
連句 『 告白をの巻 』 2006年10月7日-12月20日
歌仙 『 青梅のの巻 』 2006年6月11日-9月19日
連句 『 冬天にの巻 』 2006年1月28日-5月20日
連句 『 けさの春の巻 』 2006年1月1日-1月25日
半歌仙 『 木枯の巻 』 2005年11月13日-11月14日
連句 『 一葉落つの巻 』 2005年8月31日-11月22日
連句 『 木の下闇の巻 』 2005年6月30日-8月16日
連句 『 琵琶の音の巻 』 2005年4月16日-6月26日
半歌仙 『 つくしんぼの巻 』 2005年3月6日-4月11日
連句 『 のどけしやの巻 』 2005年3月30日-3月31日
連句 『 冬ざれやの巻 』 2005年1月29日-3月4日
連句 『 斧入れての巻 』 2005年1月1日-1月27日
連句 『 ナルキッソスの巻 』 2004年12月10日-12月26日
半歌仙 『 遊ぶ芦原やの巻 』 2004年11月27日-11月28日
連句 『 秋立つやの巻 』 2004年8月17日-11月11日
連句 『 合歓咲くやの巻 』 2004年7月13日-8月16日
連句 『 アマリリスの巻 』 2004年6月9日-7月1日
半歌仙 『 五十鈴の川の巻 』 2004年4月3日-5月1日
歌仙 『 渦深くの巻 』 2004年3月20日-6月5日
歌仙 『 二都の光の巻 』 2004年1月1日-3月18日
歌仙 『 秋の声の巻 』 2003年10月26日-2004年3月7日
半歌仙 『 鉄(かね)の色の巻 』 2003年11月8日-11月9日
歌仙 『 あかとんぼの巻 』 2003年8月21日-10月14日
歌仙 『 都市の薄暮の巻 』 2003年1月23日-5月23日
半歌仙 『 いちやうかなの巻 』 2003年1月1日-1月22日
歌仙 『 俤をの巻 』 2000年11月18日-12月21日
歌仙 『 苑の外れのの巻 』 2000年5月10日-6月11日
歌仙 『 聖愚祭の巻 』 2000年4月1日-4月30日
歌仙 『 カーテンにの巻 』 1999年9月16日-10月29日



ここに収録されている歌仙の著作権は連衆にあり無断引用等は禁止させていただきます。

連 衆歌人:  西王 燦 ・ 橘 圀臣 ・ 山本栄子 ・ 谷口龍人 ・ 青木和子
歌人:山野とも子 ・ 荒木美保 ・ 藤田初枝 ・ 矢嶋博士 ・ 平居久仁子 ・ 山科真白
俳人:      笹 心太              相澤 さくら
ホームページのある方はリンクしています ページ作成: 山科 真白 copyright(c) all right reserved

return to toppage