脚 韻 を 踏 む  3rd


  連句   夏深しの巻 (ソネット交叉韻シェイクスピアスタイル)




発句 幼子の影絵遊びや夏深 栄子
灯り求めてきたる夜の 龍人
第三 素読する若木のような声止み 和子
台本にブルーブラックの染 久仁子


パパラッチに追はれ続けて月満ち 真白
戻り来し妻手には太刀
肌寒を言い訳として閨に入 とも子
おもむろに消す枕べの火 栄子


目を閉ぢて異国の丘のどまんな 久仁子
寒夜にひとりまはす地球 和子
十一 はろばろと枯野を行くは人なる 龍人
十二 腰に霸王の鋼の 真白


十三 緩やかな生き方もよし花は散 とも子
挙句 風がやんでも揺れるゆさは


 打越考慮のゆえ脚韻は一音におさえています 

捌 : 藤田 初枝  総監修:西王 燦




連衆 :西王燦 山本栄子 谷口龍人 青木和子 山野とも子 平居久仁子 山科真白




2007年8月4日-9月18日  掲示板於


return to kasen toppage

return to toppage