熟れてゆく少年 錆びてゆく少年

柴崎昭雄(川柳作家)VS山科真白 


  熟れてゆく少年 錆びてゆく少年     昭雄

  少年が 負かしゆく風 敗ける風     真白

  敗ける風 とことん荒野 彷徨す     昭雄

  彷徨いて 蒼い国へと 辿りつく     真白

  辿りつくまでのなんだ坂 恋の坂     昭雄

  恋の坂 転がってゆく 毬を追い     真白

  毬を追ひ君とここまで来てみたが     昭雄

  来てみたが赤いくちびる持ち帰る     真白

  持ち帰る 残り香かすか 秋桜      昭雄

  秋桜 あなたの胸で 揺れている     真白

  揺れている 心を見抜く 鱗雲       昭雄

  鱗雲 恋の魔法は かけませぬ      真白

  かけませぬ電話を軽く睨んで見る     昭雄

  見る戯れる笑う抱き合う わたしたち   真白

  わたしたち似たもの同士かも知れぬ    昭雄
  
  かも知れぬいつかどこかで逢いました   真白

  逢いました 胸の黒子の 数を知る     昭雄

  数を知る カサノバの頬 平手打ち    真白
 
  平手打ち 頬熱くなる 恋ふほどに    昭雄

  恋うほどに 乱れてゆきし 白い萩    真白

  白い萩 その温もりに 触れゆかん    昭雄



1999.SEP〜NOV