5月9日1ページ




最後の朝の最後の朝食。

おいしいクロワッサンともバルサミコ酢ともお別れです。   
朝、空港に向かうまでの時間、ホテルをチェックアウトしたあと荷物をホテルに預かってもらって散歩に出かけます。
帰国の日だというのに晴れ。そして暖かい。
聖ニコラス教会。

1887年建立のローマカトリック教会。
聖ニコラスは船乗りの守護聖人だがサンタクロースの元祖ともいわれるそう。
この教会はアムステルダムに着いた時に、最初に目に入ってきた教会だが、開いている時間が限られているようでいつも閉まっていたため中に入ることが出来なかった。
ダムラック。

アムステルダム中央駅からダム広場まで真っ直ぐ伸びる大きな通り。
人がすごく多く、その多くが観光客風だった。
お土産物屋などもたくさんある。
それにしてもきれいに晴れ渡った空。
これはルネ・マグリットの空じゃないの。
アムステルダムでは何度もトラムやバスや車や自転車に轢かれそうになったわたし。
大きな歩道でやっと空をゆっくり見上げる。

アムステルダムの運河。

街に張り巡らされている運河。アムステルダムは冬は工事ができないため、春から一斉に工事がはじまり、中央駅も運河も道路も工事ばかりだった。
でも工事を逃れているこんな場所は、運河が静かな水をたたえていた。
スキポール空港。

3日にtransitでほんのちょっぴり滞在したスキポールから関空へ飛びます。
とても心地よさそうな椅子があったので暫くここで休む。
空港でお土産をたくさん買ったのですごい荷物。
私たちが乗ったエアー

なぜか搭乗口がかわっていてディスプレイを見てそのことを知る。
関空までは11時間あまりのフライトです。
1回目の機内食

この日は空席がありそうで、日本人スッチーに足のことを告げてなるべく足を挙上できそうな席にかえてもらう。
快く応じてくれた。

このメニューはほうれん草のパスタ。
1回目の機内食 和食。

私のほうは和食をオーダー。栗ご飯と鮭のどうしたのだったが、鮭が全く赤くなくて笑った(笑)

空の上

映画を二本見てその後眠った。

二回目の機内食。

軽食だった。到着は日本時間の朝。

主人がトランクを待っている間、私は植物検疫に行く。
外国から植物を買ってきた場合、植物検疫を受けなければならない。
シンゲルの花市で買い物ができなかったので、空港でチューリップの球根や花の種を購入。
スキポール空港で買ったのがわかっていても全部調べられる。
球根は全部だされて調べられ、種もナイフで袋をあけて中身を別容器にうつして検査される。
検査といってもふたりの人が人の目でみるだけなのだけど・・・

リムジンに乗る。

アムスで精一杯降られ、また日本の雨にも降られる(笑)

帰国して翌日、微細な骨のチェックに病院へ行く。骨は全く大丈夫だったが靭帯部分断裂で膝までばちばちに固定される。
初期治療がスバラシイと褒められつつもそれにしても着いた翌日捻挫とは・・とあきれられる(笑)
その後、2日ほど安静にしたら劇的に腫れが引き、それからも順調に回復し現在に至る。
旅の間のまさかの怪我のためにみなさんも十分な用意をしておでかけくださいネ。

旅はおしまい。リンクのページに続きます。