ふたりの神無月

歌鏡 / HOME

10月01日土曜日  社交ダンスの懇親会で中華料理を食べる。 by Mashiro
もつともつと食べろと言はれみづいろの小皿のうへに海老が重なる 真白
10月02日日曜日  睫毛パーマに行く。いつもの人にして貰う。 by Mashiro
白昼のヒーリングルームに横たはり睫毛くるんと上向きにせむ 真白
10月03日月曜日  happpy berrryに髪を切りに行く。 by Hatsue
十九のコウタと二十四のケイタいつしようけんめい話してくれる 初枝
10月04日火曜日  県民大学の講座が始まる。 by Hatsue
半年前は無かつた道が出来てゐた私の地図には載つてない道 初枝
10月05日水曜日  バレエのレッスンに行く。イギリス土産を貰う。 by Mashiro
シェイクスピアの生まれたといふ寝台に触れたる友の背なの撓りよ 真白
10月06日木曜日  ガンに罹患したクランケの涙を見る。 by Mashiro
秋雨はすべてを洗ひ流さずにわたしの街を通り過ぎゆく 真白
10月07日金曜日  震災から復活した「湯らの里」に行く。 by Hatsue
新しい露天風呂には炭酸の湯船がありて混み合つてゐる 初枝
10月08日土曜日  ひたすら栗を剥く。 by Hatsue
修練のごと栗を剥く秋の日は心も澄みて・・・行くわけないわ! 初枝
10月09日日曜日  新しいブルーレイレコーダーを買う。 by Mashiro
野生種のエーデルワイスの咲いてゐるアルプスの画を巻き戻し見る 真白
10月10日月曜日  免許取立て青年の運転する車に乗る。 by Mashiro
ビッグサンダー・マウンテンより刺激的!右へ左へ揺られて 悲鳴っ 真白
10月11日火曜日  「カーネーション」を見て父を思い出す。 by Hatsue
くるくると反物を巻く父の指 魔法みたいで淋しかったの 初枝
10月12日水曜日  新学期はじまる。 by Hatsue
儒家思想説き終へしあと浮舟の不倫に揺れる心情を読む 初枝
10月13日木曜日  もずくにはまる。 by Mashiro
プレミアムもづくとふ名の糸もづくにオクラ、長芋、納豆を和へ 真白
10月14日金曜日  昨日も今日も歌人と電話。 by Mashiro
ぽんぽんと魔法のやうに行き交へる言球がほら言霊となる 真白
10月15日土曜日  主人の作ったパスタを食べる。 by Hatsue
待つてゐるだけの食卓うれしくて読む新聞が頭に入らぬ 初枝
10月16日日曜日  町内会の集会に出る。 by Hatsue
ときどきは町内会の諍ひの目撃者たらむ 余所者なれど 初枝
10月17日月曜日  秋晴れである。 by Mashiro
薄雲がしづかに流れゆくさまを見届けるやう坂を下りぬ 真白
10月18日火曜日  外国人に日本語を教えることになった。 by Mashiro
片言の日本語を聞いて折り返す英語で瞬時に解り合ひたり 真白
10月19日水曜日  寒い。 by Hatsue
寒いのは嫌ひと声に出してみる「キライ」とはつきり突き付けてみる 初枝
10月20日木曜日  カダフィー死す。 by Hatsue
人の死を喜ぶ人のあまたゐる国なのださあともに祈らむ 初枝
10月21日金曜日  薬剤師の友達とイタメシ屋へ。 by Mashiro
イカ墨で染まるお歯黒愛嬌に盛り上がりゆく「種族」のはなし 真白
10月22日土曜日  テーブルに花を飾る by Mashiro
百合の香がこぼれる部屋に挽く豆の香が重なりて白昼の静 真白
10月23日日曜日  スーパーのポイント5倍。 by Hatsue
イライラを買い込みに行く休日のスーパーはただ混沌として 初枝
10月24日月曜日  CSIマイアミの録画を忘れる。 by Hatsue
捜査班主力の美人監察医クスリに手を出すところまで見た 初枝
10月25日火曜日  三宮で待ち合わせ。 by Mashiro
交差点の向かうのあなたに手を振ればあなたもしづかに右手を振りぬ 真白
10月26日水曜日  木枯らし一号が吹いた。 by Mashiro
豆乳の鍋にしんなり横たはる京水菜をまづは食みたり 真白
10月27日木曜日  「短歌人」が届く。 by Hatsue
我が歌を見つけ出せずに惑ひたり友の歌ならトップページに 初枝
10月28日金曜日  朝から五時間授業をこなす。 by Hatsue
センセイと呼ばれることに慣れすぎてそろそろ旅に出掛けるこころ 初枝
10月29日土曜日  君のベートーヴェンを聴くのが好き。 by Mashiro
テンペスト、悲愴、月光と奏でゆく君のピアノに触るる素秋よ 真白
10月30日日曜日  銀杏並木を歩く。 by Mashiro
嗅覚にみつしりと沁む銀杏のあまた踏まるる歩道を歩く 真白
10月31日月曜日  英会話に行く。一人だったので好き勝手しゃべる。 by Hatsue
ひさかたの光源氏の恋愛に英国紳士は目を見張りけり 初枝
2011年秋 山科真白&藤田初枝 コラボレーション

Home