笹 心太   


連衆  俳人 笹心太   相澤さくら   歌人 山本栄子   山科真白




初折(表)

発句 (初夏)     新緑や苑の外れの忠魂碑       栄子
脇 (初夏)           木漏れ日の中鳴く時鳥      さくら
第三
         数奇者の三々五々と集まりて     心太
四               秋の夜長の咄咄怪事      真白
五 )      月を帰り肩にばさりとほどく髪       栄子
               脇のほころび結ふ冬支度    さくら


初折(裏)

初句         凩に奔馬で丘を駆けゆきて         真白
二               何もないがと山家の雑炊       心太
三 恋の呼び出し 匙拾い指先触れた美少年         さくら
四 (          秘密の部屋が一つある胸        栄子
五 恋離れ      冷やかに冠動脈は狭窄し          真白
            夜長に探す意思表示カード        心太
七 )      大鼓の澄みし音色に月昇る            栄子
八                新酒醸す胡弓の調べ         さくら
九          志太杜氏の名を惜しむか荒走り      心太
十                文化遺産を巡る浅春         真白
十一      千年の花咲き満ちる古墳塚        さくら
十二                百済人かな蚕飼いたる      心太


名残の折(表)

初句          幻の母が機織る半夏生          栄子
              黄昏時に舞う鉾の稚児        さくら
三 恋の呼び出し迫り出したロックのボーカルあのほくろ  心太
四 (          背なの刺青に寄せるくちびる     真白
五 恋離れ     心地良き風にこの身を吹かれつつ      栄子
六  (神祇釈仏)        狛犬に告ぐ打ち明け話       さくら
七 正月            枕元一富士二鷹三茄子         心太
八 正月                松の下枝に神籤結びて      栄子
九 正月       月の照る帰路を急ぎし年男         真白
十 名所)             備中高梁雨が多いが      心太
十一 (人名)      ショパン聴き静まり返る昼下がり     さくら
十二 (人名)          智恵子の好きなこの青い空   栄子


名残の折(裏)

初句             病葉を跨ぐ白衣と擦れ違い      真白
二                  片言の子と虹立つを見ゆ     さくら
三             キャンディをひとつ含んだ口甘し     栄子
四                 風船で行くおとぎの国へ      さくら
五 ()            道化師は花散る下に佇みて      真白
挙句                  春の憂いに俳句とやら      心太