題 詠 俳 句
短歌折込


俳人 笹心太 相澤さくら  歌人 山本栄子      & 山科真白

with 私たちの共通の友人千秋

2000/03/12(Sun)BBSにて


縒り合わす五色の糸や春の宴       真 白


操りの人形だったかホワイトデー      心 太



しつけ糸取りて春の一張羅        えいこ
しつけ糸取れば崩るる花衣        心 太

三の糸切れて春寒ますばかり      えいこ
三下がり春の障子の湿りかな      心 太 


 

頑な木の芽の色か吾は    心 太


饒舌なあなたのに食べさせる獣の肉をで括りて     真 白
  

カタン巻く手貸しいるの縁  えいこ

 
初恋の思い出綴じて卒業す     さくら 

 


糸姫の野麦峠や春の雪      さくら

佐保姫と話してみたき糸でんわ  えいこ


傀儡ぐつぐつお眠のときは真っ白な糸で絡めてあげる    心 太







ピンと貼る糸の向こうにいる君に子猫のように奪取されたく     真白