パリ1日目1ページ




2004年5月4日 関空発パリ行 JAL5051便 11:35発

エールフランスとのコードシェア便だったのでこの便の機材と
乗務員はエールフランスでした。

うっ。エールフランス機材だーと少々落胆したものの、窓側座席三席のうち一席が空いててパリまでの12時間25分三席を二人で使えてラッキーでした。
左の写真は一回目の機内食ですー
二回目の機内食。

なぜか機内食の写真ばかり写してしまいます(笑)
ハムと野菜。
あまり変わり映えしないメニューです。
一回目の機内食は和食と洋食を選べるので和食を選んでおけばよかったかなぁ(笑)
二回目の機内食は着陸1時間半前くらいにでてきます。
機内ではラッセル・クロウの映画をちらっとみただけであとは本を読んでいました。
パリ・シャルルドゴール空港に予定通り到着
アイルの係員の人が迎えに来てくれていました。日本人でした。
この便でのアイルのお客さんは6人だったらしく、他のふたりは私たちと同じスクリーブホテル。もうふたりはアンバサダー・コンコルドに宿泊らしい。
アンバサダーに先に寄ってスクリーブに行きました。
パリは雨で肌寒くコートを着る。
ホテル(オペラ座付近)までは30分弱くらいです。
チェックインはアイルの人がやってくれます。
このホテルはクレジットカードのコピーを信用の為とるようです。
アイルの人との関りはそこで終りです。
次は帰国の前に迎えに来てシャルルドゴールまで送ってくれることになっています。

部屋は三階。
まずまずの広さでした。
部屋の中にいくつも絵がかけられていました。
ロココ調のものです。

このホテルはヨーロッパのホテルには珍しくバスとトイレが別で、ビデもありませんでした。
バスルームは広くて洗面はパウダールームのように充実。
バスタブも大きく湯量も豊富で来仏中ここが一番落着きました。(笑)
スーツケースも開かないまま外出。
テレカルト(テレフォンカード)とカルト・ミュゼ・モニュマンを購入するためメトロのオペラ駅へ向う。オペラ駅まではホテルからすぐです。テレカルトは売店ですぐ買えましたが、カルト・ミュゼはないと言う。カルト・ミュゼはパリや近郊の美術館や観光スポットで使える共通券。
いちいち切符を買う必要もないので優先的に入れます。このカルト・ミュゼがメトロ主要駅で販売されてるというので翌日ルーブルに朝一で行こうとしてる私たちは是非手に入れたかったけれどないらしい。別に急がないカルネ(メトロ切符10枚入)を買って帰る。。。
さすがに疲れてホテルの廊下も長く感じました。(笑)
日本とパリの時差はこのときヨーロッパは夏時間なので7時間です。パリの方が7時間遅れています。
日本時間では明け方に近づいている時間。
部屋に帰って熟睡。