パリ2日目2ページ




ピラミッド広場の金色のジャンヌ・ダルク。

去年は祭典をやってて、フランス国旗を背中にはためかせていましたが今年は右手に持つ金の旗のみでした。
  
サン・ロック教会。

18世紀一番人気のあった教会。 1722年完成。
病気を治す聖人として知られる聖ロックに由来し、設計はルーブルと同じル・メルシエが手がけている。
内部はクストゥやコズヴォーによる彫刻やフレスコ画、J.B.ピエールの丸天井など宗教芸術の宝庫。
建物正面には1795年、ナポレオンに反旗を翻した王党派を攻撃したナポレオン軍の弾痕が残っています。
コンコルド広場に行く時はいつも雨。
どしゃぶりのようになってしまって、しばし、雨宿り。
この通りに、マキシム・ド・パリがあるのですが雨宿り客で満席。
仕方なくただ雨宿り。それもまた楽し。
やっとコンコルド広場にきました。
コンコルド広場は(凱旋門もそうですが)まわりをぐるりと道路に囲まれてて、広場に行くのが少々大変。
写真の中央は噴水。向かって左はエジプトからシャルル10世に贈られたオベリスク。右にうすく見えるのがエッフェル塔です。
コンコルド広場からコンコルド橋を渡って左岸に移動中です。

右手にはエッフェル塔がよく見えます。雨がまた降りだしました。

コンコルド橋の左岸の正面にはブルボン宮があります。

ブルボン公爵夫人のために建てられたブルボン宮も今は国会議会(フランス下院)になっています。
左岸のカフェで一休み。
   
カフェ・クリーム。
寒かったしおしかったです。
お茶してる間にまた雨。ふぅーー。

5日5日3ページ目に続きます。