6月22日5ページ




パリ、サン・ラザール駅に帰ってきました。
行きと同じ型の列車だったようです。やはり、ルーアンからパリまでノン・
ストップです。   
サン・ラザール駅は ノルマンディー地方へ向かう長距離線が主に発着して
いる駅でパリのターミナル駅で一番古い駅です。

モネはサン・ラザール駅を題材に連作を残しています。
エスカレーターを降りてメトロ乗り場に向かいます。
メトロのサン・ラザール駅。

スーツケースや大きな荷物を持つ人が多かったです。
クレヴァン蝋人形館。

蝋人形館は世界の都市のいくつかにあって、パリにもあります。
私たちは入館料が高いので入らなかったけれど・・・

パッサージュ ジュフロワ。

クレヴァン蝋人形館のすぐ近くにあるパッサージュです。
パッサージュとはガラス屋根に覆われたアーケードのことでショッング街
になっています。
この日は日曜日でお休みだったので残念でした。
クレヴァン蝋人形館の窓からはこんなお人形が通行者を驚かしてくれました。
このお菓子とても受けました!!

日本の「鶯ボール」とそっくりです。 「鶯ボール」は神戸にある植垣という会社の製品で私は食べなれたお菓子で、
わぁぁ、、、と思いました。
このお菓子は「鶯ボール」より大きいですが、食べてみたかった!
クレヴァン蝋人形館のもうひとつの入口。
パッサージュ ヴェルドー。


このパッサージュは古本屋や中古カメラ屋さんが並んでいます。
日曜以外の日に来るべきだったと後悔。

一度、ホテルに戻って荷物を置いたあとパリの街を歩くことにしました。
古本屋さん。

本は買わず絵葉書を買いました。

サン・ドニ門。

1972年、パリ市によって建てられた凱旋門。
ドイツライン川戦没でわずか2ヶ月の間に40の要塞を攻略したルイ14世の
戦果をたたえるもの。
ナポレオンがエトワールの凱旋門を作るまでは一番大きなものでした。

メトロのサン・ドニ駅。
サン・マルタン門。

サン・ドニ門が完成した2年後、ルイ十四世はドイツ、スペイン、オランダ連
合軍相手にブザンソンを落とした。その記念にパリ市長と市参事がつくった
もの。
ここまで歩いて引き返し、夕食を食べてホテルに帰りました。
私たちのフランス旅行の旅程はおしまい。翌日は日本へ帰ります。

6月23日1ページ目に続きます。