歌仙   「聖愚祭」の巻


 笹心太   

連衆  俳人 笹心太 歌人 山本栄子  山科真白


           初表

発句 春  気の利いた嘘も言えぬか聖愚祭   心太
脇   春       葉音に交ざる鶯の声      真白
第三 春(月)  朧月静かの海を抱くらん       栄子
四   雑       少年法を改正せよと      心太
五   夏     短夜にジャックナイフを研ぐ男   真白
六   夏         折れてしまった向日葵の首   栄子

           初裏

初句 雑     灰の降る錦江湾で鯖を釣る    心太
二  雑(恋の呼び出し) 白浪物の端役に見惚れ 真白
三  雑(恋)  椀久の物狂いをば舞わんとす    栄子
四  冬(恋離れ)   末の松山立ち枯れて    心太
五  冬(月)    冬花火果てて月しろ蘇る     栄子
六  雑         燐寸擦る手を包む掌    真白
七  雑(王朝) 女文字真似てすさびの日記など 心太
八  雑(王朝)    待ち疲れたる蜻蛉の女   栄子
九  雑   留守宅の鍵を何処かに置き忘れ   真白
十  春            三寒四温言いえて妙    心太
十一 春(花)   花冷えの朝きりりと眉を引く  栄子
折端 春        放物線に揺れる鞦韆    真白
  


           名表   

初句  雑    休日の耳にやさしき雨の音           栄子
二  雑(名所)     シスコで会ったトランペッター      真白
三  雑(名所)また誰かフーシャーマンワープのペテン師達 心太
四  夏         身八口より入りし涼風              栄子
五  夏      青蚊帳が仄浮き出でる戌の刻         真白
六  雑(恋)      上げ膳食はぬは男の恥と         心太
七  雑(恋)    後れ毛をかき上げられている刹那      栄子
八  雑(神祇釈仏)  赤いべべ着せお宮参りに         真白
九  雑(人名)  キャパ気取りちょっとピンボケいいものと   心太
十  秋          池の面にはまるもみじ葉        栄子
十一 秋(月)   広重の浮世絵に浮く天満月          真白
十二 秋        ピカチュウ光る秋の夜です    心太+美帆


           名裏

初句  雑 キティちゃんのリュックサックを背負いて 栄子+美帆
二  雑         匍匐前進で砂漠を進み         真白
三  雑  言ったやん。ネバネバしたのがいいねんよ。   心太
四  春         名さえ知らずに蕗の薹摘む         栄子
五  春(花)  英雄の墓前に花は舞い上がり          真白
挙句  春         はるのうれひにかんらんしやまつ    心太



2000年4月1日   〜  4月30日  満尾


発句  東京銀座にて詠
脇〜名折六  BBSにて
名折七〜挙句  大阪梅田にて


*美帆ちゃんは歌仙を巻いていたお店のテーブルのお隣にいた三歳の女の子です