文責 西王燦


1 連歌(俳諧=連句)とは、数人の作者(連衆)により、五七五の長句と、
  七七の短句とを、一定の規則に従って、交互に連ねてゆく、一種の定型詩
  である。中世では百行連ねる「百韻」が、芭蕉以後では三十六行連ねる
  「歌仙」が、スタンダードの形式とされている。

2 「歌仙は三十六歩なり。一歩も後に帰る心なし。」
  これが連歌一巻を巻く基本精神。この基本精神に基づき、重複、反覆、停
  滞、同趣、同種、同景などは許されない。常に前進し新趣向を求めること
  が好ましく、繰返し、停滞、後へ戻ることを嫌ふ。

3 一つ置いて隣る句(打越)と、同類、同趣(素材・文字・文体などに於い
  て)になることは、観音開きといって特に忌避される。繰返し、後戻りに
  なるからである。

4 同類・同趣の句が隣るのは(流派によっては、「付き過ぎ」といって嫌ふ
  ところもあるが)「すりづけ」といって一応は許容される。

5 初折の表には、神祇、釈教、恋、無情、病体、闘争、追憶、地名や人名な
  どの固有名詞は避ける。但し発句だけは別で、この制限を受けず、何を詠
  んでもいい。

6 発句には必らず当季の季語を入れる。また「や」「かな」などの切字は発
  句に専属で他の句に使ってはいけない。

7 脇には発句と同じ季の季語を入れる。留字は体言漢字留とするのが建前。

8 第三の留字は「て」「にて」「に」「らむ」「もなし」や用言連用形にす
  るのが古来の例。発句が「かな」留のとき「にて」は観音開きと見なし避
  けること。

9 春・秋の句はそれぞれ三乃至五句、新年・冬・夏の句はそれぞれー句乃至
  三句続けること。但し巻尾ではこれより句数が少くても構わない。秋の句
  の続くところでは必ず月の句を入れること。月のないのは素秋といって嫌
  われる。

10 異った季の句の間には無季(雑)の句を挟むのが普通。雑の句を挟まないこ
  とを季移りといひ、避けることが望ましい。但し冬から新年、新年から春
  への移りは雑の句を挟まなくてよい。

11 月、花の句は連歌の種類により句数が定まっている。歌仙では二花三月。

12 月、花の句は、それぞれ同一面ではー句のみ。どこに出しても構わないが、
  折立・追立・綴目・折端はなるべく避けること。
  (ここでは意図的に触れていないが月・花にはほぼ決まった位置がある)
13 花の座の語として認められる語を「正花」という。連歌では「花」は桜と
  限定せず、賞美に値する花やかさの抽象概念を指す語。
  ▼正花として扱う語。
  春----花車、花衣、花筏、心の花など。
  夏----余花、若葉の花、花茣蓙、残る花など。
  秋----花火、花踊、花もみぢ、花相撲、花燈篭など。
  冬----帰り花、餅花など。
  雑----花婿、花嫁、花鰹、花莚、作り花、花塗、花かいらぎ、花形、燈火
      の花など。
  ▼花の字があるが非正花(似せものの花)とされ、正花として扱われない語。
   花野、湯の花、火花、浪の花、雪の花など。
    (花野については後年、窪田氏は「正花」にしたい、と主張)
  ▼「虚の花」として正花に扱われる語。
   花の波、花の瀧、花の雪など。
  ▼花の字のない単なる「桜」は正花としない。

14 月の字があっても「月次(つきなみ)の月」(マンス)は月の座の句とし
  て扱わない。星月夜も月の座にしない。

15 月の字を使わないが月として扱う語。
  有明・玉兎・桂影・常娥・既望・桂男・盃の光・ささらへ男・弓張など。
  宵闇も使い方により月の句として扱う。

16 恋の句は初折表を除き、どこで詠んでも構わない。各面に一ヶ所程度。
  五句まで続けてよいが、普通は二句続け、一句で捨てない。恋の座どうしは
  最低五句の間隔を置くこと。恋句のない連歌は端物(はしたもの)といい、
  一巻とみなさない。

17 恋の句として、古典では次のような語がある。参考までに。
  
  恋・思ひ・涙・情(なさけ)・傾城・野郎・娘・嫁入・婿入・妾・女・衣々
  ・むつ言・かねごと・ささめ言・別れ・枕ならぶる・思ひ寝・独り寝・夢・
  文・玉章(たまずさ)・契り・伊達・人目・人目の関・人目しのぶ・神を祈
  る・物憂き・色好み・かこつ・はづかし・名の立つ・乱れ心・妻・侍宵・姿
  見の鏡・占(うら)・かたみ・出家落ち・夫婦・ささやく・化粧・柳腰・丸
  ひたひ・のろふ・えにし・よすが・乱れ髪・すくせ・悋気・恨・妬・嬲・口
  説・忍・俤・指切・手枕・流し目・ゑくぼ・添寝・爪紅・白粉・垣間見・袖
  の涙・逢瀬・匂袋・待侘・妹背・心中・孕・出逢宿・比翼の仲・連理の仲・
  寝物語など。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


◆現代連句実作便覧   

1,後戻りをしないこと。同じ素材や同じ言葉(自立語)を繰り返さないこと。

2,【三句の渡り】
  連句の最小単位は連続する三句。
   (n−2)句目-----------------打越
   (n−1)句目-----------------前句
       n句目-----------------付句
 付句は打越の句(前の前の句)と、素材・文体・趣などを異質にすること。

3,【人情自・他・自他半・場】
  私(または私が扮する人)が登場する句---------「自」
  私以外の人物が登場する句---------------------「他」
  私と私以外の人物が登場する句-----------------「自他半」
  人物の登場しない、自然の叙景-----------------「場」
 人物の登場する句は二句以上続ける。「場」の句は二句までは続けても良い
 が、二句以上は続けない。
 「自」の句を三句続けない。「他」も同様。
 「打越」に「自」の句が出れば、付け句は「他」か「場」の句を付けること。
 ◆このルールは芭蕉の門人、立花北枝の「付方自他伝」によるものらしい。
 芭蕉の時代、(一種の近代的自我の萌芽というのかな)「自=私」の句が連続
 する傾向が生じたために勘案されたものと思う。現代では適宜に採用。
 
4,【去嫌と句数】
  「去嫌」とは、ある素材が登場し終わったところから、何句隔てて、同じ素
  材を登場させていいか、というルール。
  「句数」とは、ある素材を何句続けなくてはならないかというルール。
  
  二句去り----降物、聳物、人倫、名所、国名、同生物、同植物、夏、冬、
        神祇、釈教、夜分
  三句去り----同時分、述壊、無常、山類、水辺、居所、恋
  五句去り----春、秋
  
  句数1〜2----降物、聳物、人倫、名所、国名、同生物、同植物、同時分
  句数1〜3----夏、冬、神祇、釈教、夜分、述壊、無常、山類、水辺、居所
  句数2〜5----恋
  句数3〜5----春、秋

  ◆分類的注釈
  降物(雨・雪・霜・夕立など)聳物(雲・霞・虹・蜃気楼など)神祇(宮・
  社・伊勢・祭・榊など)釈教(寺・堂・坊・出家・◆教会・◆十字架など)
  夜分(暮れて・曙・灯火・寝るなど)述壊(怨む・かこつ・昔思うなど)
  無常(入水・卒中・埋葬・死など)山類(山・岡・峯・坂・谷・島など)
  水辺(海・港・渚・浜・泉・川など)居所(家・門・壁・天井・戸など)

5,【打越の差合】
  付句をする際には、打越の句(前の前の句)と、形態的にも似ないようにす
  ること。
  
  長句の場合 ○○○○● ○○○○○○● ○○○○●
  短句の場合 ○○○○○○● ○○○○○○●
  この●に、前の前の句と同じ助詞や活用語尾が来ないように配慮すること。

6,【短句下七の禁忌】
  短句(7/7)の下七音では、2,5、4,3に切れるかたちを避けること。