MRT中山駅下車出口前の新光三越。

人、多いですねぇ。
お目当ては鼎泰豊。

台湾だけでなく日本やその他複数の国にも店舗を持つ超有名店。
  
台北市内に何店かある鼎泰豊のなかで、新しくオープンした新光三越の南西店は、待ち時間が少なく穴場と聞きやってきました。

一時間、二時間待ちは当たり前という鼎泰豊。日本語のオーダー表と番号を渡されました。順番になるとこの電光掲示板に番号が表示されるという流れ。

待ち時間は三十分位。日本人客多数でした。

小籠包はアッツアツ。

刻んだ生姜と酢醤油でいただきます。   

肉汁がじゅわーっと口の中に広がり、めちゃくちゃ美味。   

海老チャーハン。

これもすごくおいしかった。次回も絶対リピしたい一品。
海老シューマイ。

中身ぎっしりでした。

日本人としては辛子が欲しいところですがありませんでした。
このキュウリちゃん、口直しにとてもよかった。これもリピです。


鼎泰豊を出て、ホテルにはMRTであっという間。

コンコースは、どの国でもお国柄が出ている駅って必ずありますね。    

ホテルの近くのコンビニで買った「乳牛先生」を部屋で飲みましたわん。

そして就寝。    

二日目


朝はホテルのバイキング。このホテル(康華大飯店)予約の時に朝食付加してもあまり値段変らなかった。

三人でこんなかんじ。
ホテルを出てすぐ横のMRT行天駅入口。つーか、四番はホテルの名前になっちゃってます。
トークン(地下鉄チケット)。

回収式の切符っていいですね。

ホーム。

台北の地下鉄は飲食禁止。ペットボトルやガムもダメなので注意したい。
龍山寺。

多くの神仏を祀る台湾随一の古刹。で、ありながら、インフォメーションが電光掲示板(笑)

この日は、なにか行事の日だったのでしょうか。とにかくすごい人手でした。
多くの神仏が祀られており、願い事はすべて叶うとのこと。
おみくじを引きたかったのですが、人が多くて。

そのかわりといってはなんですが、お守りを買いました。

多種類で充実していました。欲しいお守りの番号と数を書いて渡したらスムーズでしたよ。

何人かにおみあげとして渡すと喜ばれました。私自身も友人たちの顔を思い出しながら、思いを込めて選んでいくのが嬉しかった。

日本の神社仏閣では見たことがない数のお守りの種類の多さ。

龍山寺から少し歩くと、疫病を鎮める神、青山王を祀る青山宮に着きました。

流行した疫病が祈ると消滅したことから信者が増えたそうです。

目を瞠る装飾。

青山宮内部。青山王は三国時代の将軍だったらしい。

龍山寺に比べ静か。